Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: Polar/Cartesian - 極と直交

  • このカテゴリでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。
  • 2013年の翻訳記事はxkcd(2013年)から。更に過去の翻訳記事はxkcdからどうぞ。
  • 翻訳済みの秀逸なコミックについては、過去のベスト10をまとめた記事(2009年?2010年2011年2012年)からどうぞ。
  • このXKCD翻訳の目的の一つは、僕の英語スキル向上です。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

polar_cartesian.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Polar/Cartesian(極/直交)

Certainty that this is a clockwise polar plot, not a cartesian one, as a function of time:
 (時間と相関関係で、これが極座標系であり、直交座標系ではないと言う確信:)

Alt-text: Protip: Any two-axis graph can be re-labeled 'coordinates of the ants crawling across my screen as a function of time'.
 (プロの助言:どんな2軸のグラフでも、「時間と相関関係がある、僕のスクリーンを横切って這いまわるアリの座標」と付け直す事は可能だ。)

補足

 このグラフは、一見、X軸の時間経過により、50%から0%に移行していくグラフに見えるけど、X軸に何もラベル付けしていない事から、もしかしたら、これは極座標で、50%から100%に移行していくグラフなのかもしれないと言う指摘。

2013.6.28追記

 コメントを参考に訳文を一部変更しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus