Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: Annoying Ringtone Champion - うざい着信音No.1

  • このカテゴリでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。
  • 2013年の翻訳記事はxkcd(2013年)から。更に過去の翻訳記事はxkcdからどうぞ。
  • 翻訳済みの秀逸なコミックについては、過去のベスト10をまとめた記事(2009年?2010年2011年2012年)からどうぞ。
  • このXKCD翻訳の目的の一つは、僕の英語スキル向上です。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

annoying_ringtone_champion.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Annoying Ringtone Champion(うっとうしい着信音チャンピオン)

黒ハットの着信音: hMMMMMMMMMMMMMMMMMM...
 (ヒューーーーーーーーーーーーーーーン...)
男: Augh!
 (うぁー!)
黒ハット: Oh, I've gotta take this.
 (あ、これ、取らなくちゃ。)
[By unanimous decision, the winner of the Annoying Ringtone Championship is "The sound a mosquito makes as it buzzes past your ear"]
 (満場一致で、うっとうしい着信音選手権の勝者は、「耳を通り過ぎて飛ぶ蚊の音」です。

Alt-text: It beat out 'Clock radio alarm', 'B-flat at 194 decibels', 'That noise from Dumb & Dumber', and 'Recording of a sobbing voice begging you to answer'.
 (その着信音は、『クロックラジオアラーム』、『194デシベルのBフラット』、『Dumb & Dumberのあの音』、そして、『電話に出るよう懇願しながら、すすり泣く声の録音』を負かしました。)

補足

 「うざい着信音No.1」は、間違いなく、耳を通り過ぎる蚊の音。僕もそう思う。

2013.7.24追記

 コメントを参考に、訳文を一部修正しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus