Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: Seashell - 貝殻と海の音

  • このカテゴリでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。
  • 2013年の翻訳記事はxkcd(2013年)から。更に過去の翻訳記事はxkcdからどうぞ。
  • 翻訳済みの秀逸なコミックについては、過去のベスト10をまとめた記事(2009年?2010年2011年2012年)からどうぞ。
  • このXKCD翻訳の目的の一つは、僕の英語スキル向上です。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

seashell.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Seashell(貝殻)

P(I'm near the ocean|I picked up a seashell) =
 (P(海の近くに居る|貝殻を拾った)=)

P(I picked up a seashell|I'm near the ocean) P(I'm near the ocean)
 (P(貝殻を拾った|海の近くに居る)P(海の近くに居る))
??????????????????????????????????
P(I picked up a seashell)
 (P(貝殻を拾った))

Statistically speaking, if you pick up a seashell and don't hold it to your ear, you can probably hear the ocean.
 (統計学的にいうと、貝殻を拾い、耳にそれを当てなくても、おそらく海の音は聞ける。)

Alt-text: This is roughly equivalent to 'number of times I've picked up a seashell at the ocean' / 'number of times I've picked up a seashell', which in my case is pretty close to 1, and gets much closer if we're considering only times I didn't put it to my ear.
 (これは、おおよそ「海で貝殻を拾った回数」/「貝殻を拾った回数」に相当し、自分自身の経験では、ほぼ1に等しく、耳にあてなかった回数だけを考慮するなら、より近くなります。)

補足

 「貝殻と海の音」に関する身近な統計学。この式は、ベイズの定理に基づいている。

 貝殻は海の近くで拾うのだから、確率的に言えば、わざわざ耳に当てなくても、海の声は聞こえるとこのコミックは言っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus