Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: Theft - アイデンティティ泥棒

  • このカテゴリでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。
  • 2014年の翻訳記事はxkcd(2014年)、2013年の翻訳記事はxkcd(2013年)から。更に過去の翻訳記事はxkcdからどうぞ。
  • 翻訳済みの秀逸なコミックについては、過去のベスト10をまとめた記事(2009年?2010年2011年2012年2013年)からどうぞ。
  • このXKCD翻訳の目的の一つは、僕の英語スキル向上です。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

theft.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Theft(泥棒)

泥棒: I feel paralyzed by overwhelming existential dread.
 (抵抗し難い実存的恐怖で混乱を感じる。)
...and yet for some reason I'm really excited about space?
 (...それにも関わらず、どういうわけか、僕は宇宙についても、夢中になってるんだ。)
The thief who stole my identity has a lot to deal with.
 (僕のアイデンティティを盗んだ泥棒は、対処すべき物を数多く抱えます。)

Alt-text: Is he ALSO wondering at what point our thoughts diverged, if they even have yet? 'dude, I think he just took your credit card' AM I THE ORIGINAL? HOW DO I TELL?
 (彼も、僕らの考えがどの時点で分岐したのかを疑問に思っているだろうか。もし、もう分かれているなら。「なぁ、彼はただ、君のクレジットカードを取っただけだと思うよ。」僕はオリジナルか?どうやって伝える?)

補足

 アイデンティティ窃盗は、他人に成りすますことによって行われる犯罪行為の事を指すが、今回のコミックはで人格をまるごと盗んでしまった泥棒の話となっている。盗まれたのは、作者の人格。

2013.1.16追記

 コメントを参考に訳文を一部変更しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus