Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: Kola Borehole - 地獄に繋がる穴

  • このカテゴリでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。
  • 2014年の翻訳記事はxkcd(2014年)、2013年の翻訳記事はxkcd(2013年)から。更に過去の翻訳記事はxkcdからどうぞ。
  • 翻訳済みの秀逸なコミックについては、過去のベスト10をまとめた記事(2009年?2010年2011年2012年2013年)からどうぞ。
  • このXKCD翻訳の目的の一つは、僕の英語スキル向上です。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

kola_borehole.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Kola Borehole(コーラ・ボアホール)

女: Ever hear of the Kola Borehole?
 (コラ半島の超深度掘削坑って聞いたことある?)
黒ハット: No -- what's that?
 (いいや、なにそれ?)
女: A Soviet project to drill deep into the Earth's crust.
 (地殻深くに穴を開けるソビエト連邦の計画よ。)
女: There's a hoax report claiming that their drill broke through into a superhot cavern, and when they lowered a microphone into the hole, they heard tormented screaming. People say that's why the miners sealed the well and abandoned the project.
 (掘削中のドリルが、超高温の空洞に達したと主張する作り話の報告があって、その穴にマイクを降ろしたら、苦しむ叫び声が聞こえたと言うの。そういう理由で、鉱夫達が井戸を閉鎖し、プロジェクトを断念したと言う話よ。)
黒ハット: Why would anyone believe that story?
 (なんでそんな話が信じられてるんだ?)
女: I guess some people think Hell is literally an underground place.
 (私は、一部の人が地獄は文字通り地下にあると考えているからだと思う。)
黒ハット: No -- I mean, why would the miners seal the opening? Why not just dig a canal connecting it to the ocean? Unless they like Hell.
 (そうじゃなくて。...つまり、なんで、鉱夫達はその穴を封印したんだ?地獄を好まないんだったら、なぜ、それと海を接続する為に運河を掘らないんだ?)
女: ...If there's ever a war between Earth and Hell, I hope I'm on your side.
 (...地球と地獄の間の戦争が常に存在するなら、私はあなたと同じ側に居たいわ。)
黒ハット: You seem nice; you probably won't be.
 (でも、君はいい人みたいだから、多分そうならないと思うけど。)

Alt-text: Tonight's top story: Lucifer, the Prince of Darkness, died in his home this morning at the age of [unintelligible rune]. Due to the large number of sharks inhabiting his former kingdom, no body could be recovered.
 (今夜のトップ記事:ルシファー(闇のプリンス)は、今朝、彼の家で死にました[意味不明なルーン文字]。彼の前の王国に生息する多数のサメのため、遺体は回収されませんでした。)

補足

 コラ半島超深度掘削坑をネタにしたコミック。黒ハットは、深部に地獄があって、穴が貫通したのなら、海から引き入れた海水を注入するべきだとと言う。女はそれを聞き、黒ハットが地球を救うためにそれを行うのだと考えたが、おそらく黒ハットの方は、そんな意味で言った訳ではない。

2014.2.18追記

 コメントを参考に訳文を直しました。

2014.7.17追記

 コメントを参考にして、更に訳文を変更しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus