Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon
naglly.com > xkcd日本語訳(2014年)  > Margin - 余白

Margin - 余白

  • このカテゴリでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。
  • 2014年の翻訳記事はxkcd(2014年)、2013年の翻訳記事はxkcd(2013年)から。更に過去の翻訳記事はxkcdからどうぞ。
  • 翻訳済みの秀逸なコミックについては、過去のベスト10をまとめた記事(2009年?2010年2011年2012年2013年)からどうぞ。
  • このXKCD翻訳の目的の一つは、僕の英語スキル向上です。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

margin.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Margin(余白)

I have discovered a truly marvelous proof that information is infinitely compressible, but this margin is too small to...
 (私は、情報は無限に圧縮できるという本当に素晴らしい証明を発見した。だが、この余白では小さすぎる...)
...oh
 (...ああ)
never mind :(
 (まぁ、いいか:()

Alt-text: PROTIP: You can get around the Shannon-Hartley limit by setting your font size to 0.
 (プロのアドバイス:フォントサイズを0にする事によって、シャノン・ハートレーの定理をうまく逃れることが出来る。)


補足

フェルマーの最終定理に関するコミック。

 フェルマーは、余白に「この定理に関して、私は真に驚くべき証明を見つけたが、この余白はそれを書くには狭すぎる。」と書き込んだが、コミック上の定理は、「情報は無限に圧縮できる」と言うものなので、余白はいくら小さくても、それが証明できているなら、書き記せるはず。

XKCD作者が書いた本

 XKCDの作者、ランドール マンロー氏の著作本『ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか』を紹介します。ウェブサイトに投稿された科学のおかしな質問を、XKCDばりの捻くれ方で回答し、それらを本にまとめたものです。こちらも面白いので是非に。

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳(2014年) です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事と広告

最新週刊アクセスランキング