Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

顔に蝶が止まるも、最後まで演奏を貫くフルート奏者の太田幸江さん(動画)

Flautist_plays_on_as_butterfly_lands_on_her_face.jpg

 デンマークで行われた、カール・ニールセン国際音楽コンクールのフルート・コンクールで参加したシカゴ在住のフルート奏者、太田幸江(ゆきえ)さんですが、コンクール出場中のまさにその時、顔の眉間の位置に蝶が止まってしまいました。しかし、そんなハプニングにも負けず、太田さんは集中力を保ち、演奏にただひたすら集中します。

 太田さんの額に止まったのは、クジャクチョウで、こんな風に顔の上に蝶が止まる時は、塩気のある水を探している事が多いそうです。

 また、太田幸江さんは、一次審査を無事突破し、現在、第二ラウンドに進んでいるとの事です。最終結果は9月20日に決定します。コンテストでの活躍を心から願っています。

 今回、参照した記事(英語)は以下です。

2014.9.19追記

 太田幸江さん、19日(現地時間)に行われる、セミファイナルに進出です。

13.00-13.25
Yukie Ota (29 / Japan) - Serge Prokofiev: Sonata D major, Op. 94, 25'

2014.9.20追記

 「こめかみ」と表現していたのを「眉間」に直しました。

2014.9.21追記

 決勝まで進出しましたが、惜しくも優勝はなりませんでした。

 情報は、Carl Nielsen 2014 | DRより。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus