Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: En Garde - 構え

  • このカテゴリでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。
  • 2014年の翻訳記事はxkcd(2014年)、2013年の翻訳記事はxkcd(2013年)から。更に過去の翻訳記事はxkcdからどうぞ。
  • 翻訳済みの秀逸なコミックについては、過去のベスト10をまとめた記事(2009年?2010年2011年2012年2013年)からどうぞ。
  • このXKCD翻訳の目的の一つは、僕の英語スキル向上です。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

en_garde.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

En Garde(構え)

フェンシング競技者1: En Garde!
 (構えて!)
フェンシング競技者2: Ok.
 (わかった。)
フェンシング競技者2: No matter how long we know each other, when you ask "What are you thinking," I will always pause before answering.
 (どれだけ長くお互いを知っていても、君が「何を考えているの?」と聞いたら、僕は、答える前にいつも間を取る。)
フェンシング競技者1: Maybe a little less guarded?
 (もう少し警戒を解いた方がよいかもよ?)
フェンシング競技者2: No way. I've been hurt before.
 (いやだ。僕は、前に傷ついた。)

Alt-text: 'Touch!' 'Nope, I sighed and stared at you with resignation, so I regained emotional right-of-way.'
 (「タッチ!」「いや、ため息を付き、服従と共に君を見つめたから、僕は、感情的な優先権を回復した。」)

補足

 フェンシングをしながら、フェンシングと会話の共有点を探る。構えの姿勢を取り、戦いを始める(会話を始める)と傷ついてしまうから、構えの姿勢を取らない、右側のフェンシング競技者。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus