Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: Santa - サンタさん

  • このカテゴリでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。
  • 2014年の翻訳記事はxkcd(2014年)、2013年の翻訳記事はxkcd(2013年)から。更に過去の翻訳記事はxkcdからどうぞ。
  • 翻訳済みの秀逸なコミックについては、過去のベスト10をまとめた記事(2009年?2010年2011年2012年2013年)からどうぞ。
  • このXKCD翻訳の目的の一つは、僕の英語スキル向上です。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

santa.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Santa(サンタ)

女: Say Santa eats a cookie at every few houses. That's hundreds of tons. By the end of the night, he should be a hulking seven-story behemoth.
 (サンタは、数件おきの家で、クッキーを食べるって言うでしょ。それって、途方も無い重さよね。夜が明けるまでに、サンタは、不格好な7階建てくらいの巨獣になってないとおかしいわ。)
But he's not.
 (でも、そうなっていない。)

男: What are you...
 (君は何を...)
女: Does Santa poop in our houses?
 (サンタは私達の家にうんちした?)

男: No way.
 (そんなバカな。)
女: That mass must be going somewhere.
 (その塊は、どっかに行ってなくちゃならない。)
男: He has that magic bag...
 (サンタは、例の魔法のバッグを持ってるだろ...)
女: You think he poops in the bag of presents?
 (サンタがプレゼントが入ったバッグの中に、うんちすると思う?)

男: Maybe instead of pooping in every few houses, he waits, and then in a few houses, he poops a lot.
 (多分、数件おきにうんちするかわりに、待って、2、3件の家で、彼はたくさんのうんちをするんだ。)
女: What if no one's been that naughty?
 (誰もいらずらっ子じゃなかったらどうする?)
男: He picks at random. The needs of the many...
 (彼は、ランダムに決める。多くのニーズが...)

Alt-text: He probably just poops over the side of the sleigh.
 (彼は、おそらく、単にソリの横でうんちしているだけだろう。)

補足

 クリスマスイブの夜に、クッキーと牛乳を準備しておくと、プレゼントを置いたサンタさんがクッキーをひとかじり、ミルクを半分飲んでいくと言う海外の習慣(参照記事)に関するコミック。クッキーを食べた分、夜のうちにそれらを排泄しなければいけないはずだが、それをどうしているのかと言う話題で男女が話し合ってる。

 「2、3件の家でたくさんのうんちをする」というのは、悪い子の家には、ブラックサンタがプレゼントの代わりに石炭を置いておくと言ううわさ話からの引用。今回のコミックでは、石炭じゃなくて、うんちだけども。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus