Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: Arbitrage - 鞘取り

  • このカテゴリでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。
  • 2014年の翻訳記事はxkcd(2014年)、2013年の翻訳記事はxkcd(2013年)から。更に過去の翻訳記事はxkcdからどうぞ。
  • 翻訳済みの秀逸なコミックについては、過去のベスト10をまとめた記事(2009年~2010年2011年2012年2013年2014年)からどうぞ。
  • このXKCD翻訳の目的の一つは、僕の英語スキル向上です。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

arbitrage.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Arbitrage(鞘取り)

男(右): They're the ones giving chips away!
 (チップスを配るんだ!)
If they don't see the arbitrage potential, sucks for them.
 (鞘取りの見込みがなかったら、かわいそうだろ。)
[In a deep sense, society functions only because we generally avoid taking these people out to dinner.]
 (深い意味では、私達が通常、夕食にこういう人達を連れ出さないと言うだけで、社会は機能する。)
Alt-text: The invisible hand of the market never texts me back.
 (市場の見えざる手は、メッセージを僕に決して返さない。)

補足

 無料で出されるチップスを大きな袋に入れて持ち帰ろうとする男。男は鞘取り(裁定取引)の可能性を見出すと言っているが、こんなことはマナーに反するし、現実的に不可能である。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus