Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: Voice - 声

  • このカテゴリでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。
  • 2014年の翻訳記事はxkcd(2014年)、2013年の翻訳記事はxkcd(2013年)から。更に過去の翻訳記事はxkcdからどうぞ。
  • 翻訳済みの秀逸なコミックについては、過去のベスト10をまとめた記事(2009年~2010年2011年2012年2013年2014年)からどうぞ。
  • このXKCD翻訳の目的の一つは、僕の英語スキル向上です。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

voice.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Voice(声)

女: Are you doing anything later?
 (後で何かする?)
ポニーテール: I was th- I can only control my voice every six years. Please, you have to -inking of going out, but no real plans.
 (私は... 6年おきにしか、自分の声をコントロール出来ない。ねぇ、お願いだから...出かけようと思ったけど、きちんとした計画はないわ。)
女: ...what was that?
 (...何だったの?あれ?)
ポニーテール: Haha, what?
 (ははっ、何?)

Alt-text: Anyway, we should totally go watch a video story or put some food in our normal mouths!
 (とにかく、私達は、ビデオストーリーを見に行くか、食べ物を通常の口に入れなければならない!)

補足

 よくわからないけど、ポニーテールの女性は、6年おきにしか、本当の自分がコントロールする声を出せないらしく、普段話している人格(支配している何かの声)は、本当の自分じゃないようだ。

2015.6.23追記

 コメントを参考に訳文を修正しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus