Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: Driving - ドライブ

  • このカテゴリでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。
  • 2014年の翻訳記事はxkcd(2014年)、2013年の翻訳記事はxkcd(2013年)から。更に過去の翻訳記事はxkcdからどうぞ。
  • 翻訳済みの秀逸なコミックについては、過去のベスト10をまとめた記事(2009年~2010年2011年2012年2013年2014年)からどうぞ。
  • このXKCD翻訳の目的の一つは、僕の英語スキル向上です。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

driving.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Driving(ドライブ)

黒ハット: Would you guess this weighs as much as a small adult?
 (この重り、小さめの大人と同じくらいだと思う?)

男: What?
 (何?
Uh, probably.
 (あー、たぶんね。)

黒ハット: Great!
 (良かった!)

*Thump*
 (ゴン)
車: Please fasten your seatbelt.
 (シートベルトを閉めて下さい)
*click*
 (カチ)
黒ハット: Take me to Anchorage, Alaska.
 (アラスカのアンカレッジまで連れて行って。)
車: Navigating
 (ナビゲートします。)
*slam*
 (バタン)
VRRRRRRRRRRRRrrrrrrrrrrrrrr
 (ぶーーーーん)
黒ハット: I love self-driving cars.
 (俺は、自動運転車が大好きなんだ。)
男: ...Whose car was that?
 (誰の車なの?)
黒ハット:Dunno, but they shouldn't have left it running.
 (知らない。でも、そいつを走ったままにしてはならない。)

Alt-text: Sadly, it probably won't even have enough gas to make it to the first border crossing.
 (悲しいことに、この車は、最初の国境越えをするのに必要なガソリンさえ積んでいないだろう。)

補足

 悪巧みが好きな黒ハット。今回は、自動運転車にダミーの重石を乗せて、遠くまで運ばせるイタズラを思いつく。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus