Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: Walking Into Things - 物体に突入

  • カテゴリでは、世界で最も人気があるWebコミック「xkcd」の最新コミックをひたすら日本語に翻訳していきます。
  • 2015年の翻訳記事はxkcd(2015年)、2014年の翻訳記事はxkcd(2014年)、2013年の翻訳記事はxkcd(2013年)から。更に過去の翻訳記事はxkcdからどうぞ。
  • 翻訳済みの秀逸なコミックについては、過去のベスト10をまとめた記事(2009年~2010年2011年2012年2013年2014年2015年)よりどうぞ。
  • なお、コミック内の英文が難解な場合は、クオリティの低い訳文をとりあえずUPすることもありますが、自ら気づいたり、皆様からの指摘があれば、正しい訳文にその都度直していきますので、誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

walking_into_things.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Walking Into Things(物体に突入)

男: My life is basically a big controlled trial of whether I'm more likely to walk into something while looking at a book, my phone, or the sky.
 (僕の人生は基本的に本や自分のスマホ、もしくは空を見ている間に、何かに突入しそうになるかどうかの壮大な対照試験だ。)
女: The weird thing is that the rate for the control group is so high.
 (奇妙なのは、対照群の率がとても高いということ。)
男: Walking is hard, okay?
 (歩くことは難しい、だろ?)

Alt-text: A childhood spent walking while reading books has prepared me unexpectedly well for today's world.
 (本を読みながら歩いた幼少期は、思いの外上手く、僕に今の世界のお膳立てをしてくれた。)

補足

 目線を塞ぐ(もしくは逸らす)時、物(木や電信柱)にぶつかるかどうか、人生を掛け試験していると言う主人公。それに対して、対照群の率がとても高い(何もしてない時でもぶつかるじゃん?)と皮肉を言う女。そして、それとなく主人公ははぐらかす。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus