Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: Voice Commands - 音声命令

  • カテゴリでは、世界で最も人気があるWebコミック「xkcd」の最新コミックをひたすら日本語に翻訳していきます。
  • 2015年の翻訳記事はxkcd(2015年)、2014年の翻訳記事はxkcd(2014年)、2013年の翻訳記事はxkcd(2013年)から。更に過去の翻訳記事はxkcdからどうぞ。
  • 翻訳済みの秀逸なコミックについては、過去のベスト10をまとめた記事(2009年~2010年2011年2012年2013年2014年2015年)よりどうぞ。
  • なお、コミック内の英文が難解な場合は、クオリティの低い訳文をとりあえずUPすることもありますが、自ら気づいたり、皆様からの指摘があれば、正しい訳文にその都度直していきますので、誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

voice_commands.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Voice Commands(声の命令)

ポニーテール: Can you text it to me?
 (それ、送ってくれる?)
男: Sure!
 (いいよ!)
男: SVAT USSUPD ;DLH A KDBK
 (SVAT USSUPD ;DLH A KDBK)
ポニーテール: ...What?
 (...それ何?)
Setting my phone's speech recognition to Dvorak was a pain at first, but it's more efficient in the long run.
(自分の電話の音声認識をドヴォラックに設定するのは、初め苦痛だったが、長い目で見れば効率的だ。)

Alt-text: Dvorak words may sound hard to pronounce, but studies show they actually put less stress on the vocal chords.
 (ドヴォラック言語は、発音が難しいと思えるかもしれないが、実は、研究結果は、声帯にあまりストレスを与えない事を明らかにしている。)

補足

 "OK, Google. Send a text"をドヴォラック配列で打ち込んだ単語を発音して、音声認識させる男。効率的だと言うが、全く無意味。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツと広告


comments powered by Disqus