Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: Communicating - コミュニケーション

  • カテゴリでは、世界で最も人気があるWebコミック「xkcd」の最新コミックをひたすら日本語に翻訳していきます。
  • 2015年の翻訳記事はxkcd(2015年)、2014年の翻訳記事はxkcd(2014年)、2013年の翻訳記事はxkcd(2013年)から。更に過去の翻訳記事はxkcdからどうぞ。
  • 翻訳済みの秀逸なコミックについては、過去のベスト10をまとめた記事(2009年~2010年2011年2012年2013年2014年2015年)よりどうぞ。
  • なお、コミック内の英文が難解な場合は、クオリティの低い訳文をとりあえずUPすることもありますが、自ら気づいたり、皆様からの指摘があれば、正しい訳文にその都度直していきますので、誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

communicating.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Communicating(コミュニケーション)

ハンプティ・ダンプティ: When I use a word, it means just what I choose it to mean. Neither more nor less.
 (私が言葉を使う時はね、私がその言葉の為に選んだ意味なんだよ。それ以上でもそれ以下でもなく。)
アリス: I wonder what all those words you just said meant. Maybe you're telling me I can have all your stuff!
 (あなたが言った言葉は、何を意味するのかしら?たぶん、私があなたのものを全て手に入れられると言っているのでしょ!)

ハンプティ・ダンプティ: What!? No!
 (なんだって?そうじゃない!)

アリス: Your car, too? Gosh, thanks!
 (あなたの車も?まあ、ありがとう!)

Alt-text: You're saying that the responsibility for avoiding miscommunication lies entirely with the listener, not the speaker, which explains why you haven't been able to convince anyone to help you down from that wall.
 (誤ったコミュニケーションを避ける責任の所在は、話し手ではなく聞き手にあると君は言う。そしてそれは、誰もその壁から君が降りるのを手伝うと説得することができなかったか理由を説明している。)

補足

 「鏡の神のアリス」のハンプティ・ダンプティが言う有名なセリフ、「私が言葉を使う時は、自分が選んだ意味だけで使うのだ。それ以上でもそれ以下でもなく」からコミックは始まる。アリスは、ハンプディダンプティの言ったセリフを勝手に解釈して、「ハンプディダンプティの物は全て手に入れられる」としている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツと広告


comments powered by Disqus