Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: Virtual Assistant - 仮想アシスタント

  • カテゴリでは、世界で最も人気があるWebコミック「xkcd」の最新コミックをひたすら日本語に翻訳していきます。
  • 2015年の翻訳記事はxkcd(2015年)、2014年の翻訳記事はxkcd(2014年)、2013年の翻訳記事はxkcd(2013年)から。更に過去の翻訳記事はxkcdからどうぞ。
  • 翻訳済みの秀逸なコミックについては、過去のベスト10をまとめた記事(2009年~2010年2011年2012年2013年2014年2015年)よりどうぞ。
  • なお、コミック内の英文が難解な場合は、クオリティの低い訳文をとりあえずUPすることもありますが、自ら気づいたり、皆様からの指摘があれば、正しい訳文にその都度直していきますので、誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

virtual_assistant.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Virtual Assistant(仮想アシスタント)

女: Ok, Google-
 (オッケーグーグル)

I want to hack the world's smart home devices, but not to create a botnet or anything--I just want to make them play this sound clip every time you invoke them.
 (私は、世界中のスマートホームデバイスをハックしたいのだが、ボットネットみたいな物を作るのではなく、デバイスを呼び出す度に、このサウンドクリップを再生させたい。 )

Alt-text: If you ask it to please turn off that feature, it apologizes a whole bunch and promises to try to be quieter, then switches to a slightly lower-volume version of the clip with "sorry!" after the louder sounds.
 (この機能をオフにしてほしいと頼んだら、対象デバイスは大いに謝罪して、今より静かになる事を約束する。そして、僅かに小さくしたバージョンの「申し訳ありません!」音源に切り替える。)

補足

 もしスマートデバイスが世界中ではやったら、botを送ってその機器を支配下に置くとか言うことではなく、ドジっ子メイド(執事)のサウンドトラックを再々させるような改造を行いたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツと広告


comments powered by Disqus