Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon
naglly.com > xkcd日本語訳(2018年)  > Selection Effect - 選択効果

Selection Effect - 選択効果

  • カテゴリでは、世界で最も人気があるWebコミック「xkcd」の最新コミックをひたすら日本語に翻訳していきます。
  • 2017年の翻訳記事はxkcd(2017年)、2016年の翻訳記事はxkcd(2016年)、2015年の翻訳記事はxkcd(2015年)、2014年の翻訳記事はxkcd(2014年)、2013年の翻訳記事はxkcd(2013年)から。更に過去の翻訳記事はxkcdからどうぞ。
  • 翻訳済みの秀逸なコミックについては、過去のベスト10をまとめた記事(2009年~2010年2011年2012年2013年2014年2015年)よりどうぞ。
  • なお、コミック内の英文が難解な場合は、クオリティの低い訳文をとりあえずUPすることもありますが、自ら気づいたり、皆様からの指摘があれば、正しい訳文にその都度直していきますので、誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

selection_effect.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Selection Effect(選択効果)

ポニーテール: Our research shows that compared to the overall population, people who agree to participate in scientific studies are significantly less likely to call the police to rescue them from our lab.
 (私達の研究によると、全人口と比較して、科学的な研究への参加に同意した人々は、研究室から助かる為に警察に電話をかける可能性が著しく低いことがわかりました。)

Alt-text: fMRI testing showed that subjects who don't agree to participate are much more likely to escape from the machine mid-scan.
 (fMRIテストでは、参加に同意しない被験者がマシンのミッドスキャンから逃げやすい可能性が高いことが示されました。)

補足

 研究目的で協力してもらう被験者は、たとえそれが誘拐などの犯罪行為であっても、ギリギリまで研究の為と思いこんでいる為、助かるために警察に電話する可能性が非常に低い。

XKCD作者が書いた本

 XKCDの作者、ランドール マンロー氏の著作本『ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか』を紹介します。ウェブサイトに投稿された科学のおかしな質問を、XKCDばりの捻くれ方で回答し、それらを本にまとめたものです。こちらも面白いので是非に。

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳(2018年) です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事と広告

最新週刊アクセスランキング