Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon
naglly.com > xkcd日本語訳(2018年)  > Lightning Distance - 雷の距離

Lightning Distance - 雷の距離

  • カテゴリでは、世界で最も人気があるWebコミック「xkcd」の最新コミックをひたすら日本語に翻訳していきます。
  • 2017年の翻訳記事はxkcd(2017年)、2016年の翻訳記事はxkcd(2016年)、2015年の翻訳記事はxkcd(2015年)、2014年の翻訳記事はxkcd(2014年)、2013年の翻訳記事はxkcd(2013年)から。更に過去の翻訳記事はxkcdからどうぞ。
  • 翻訳済みの秀逸なコミックについては、過去のベスト10をまとめた記事(2009年~2010年2011年2012年2013年2014年2015年)よりどうぞ。
  • なお、コミック内の英文が難解な場合は、クオリティの低い訳文をとりあえずUPすることもありますが、自ら気づいたり、皆様からの指摘があれば、正しい訳文にその都度直していきますので、誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

lightning_distance.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Lightning Distance(雷の距離)

男: What's that trick for telling how many miles away lightning is?
 (雷が何マイル離れているか分かる方法ってなんだっけ?)
女: Just count the seconds between the visible flash and the radio wave burst, then multiply by 5 billion.
 (目に見える閃光と電波バーストの間の秒数を数えてから、50億を掛ける。)

Alt-text: The index of radio refraction does have a lot of variation, which might throw off your calculations, so you can also look at the difference in brightness between the visible flash and more-attenuated UV and x-rays.
 (放射屈折の指標にはばらつきがあり、計算を狂わせることがあるため、可視の閃光と減衰が大きいUVとX線の輝度の差で見ることも可能だ。)

補足

 雷までの距離を知るための従来の方法、光ってから音が鳴るまでの時間を計ってから5で割る(マイルの場合)ではなく、光ってから電波バーストが届くまでの時間を計ってから50億で割るという方法も使えると主人公は言う。

XKCD作者が書いた本

 XKCDの作者、ランドール マンロー氏の著作本『ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか』を紹介します。ウェブサイトに投稿された科学のおかしな質問を、XKCDばりの捻くれ方で回答し、それらを本にまとめたものです。こちらも面白いので是非に。

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳(2018年) です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事と広告

最新週刊アクセスランキング