Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon
naglly.com > xkcd日本語訳(2018年)  > 6/6 Time - 6/6時間

6/6 Time - 6/6時間

  • カテゴリでは、世界で最も人気があるWebコミック「xkcd」の最新コミックをひたすら日本語に翻訳していきます。
  • 2017年の翻訳記事はxkcd(2017年)、2016年の翻訳記事はxkcd(2016年)、2015年の翻訳記事はxkcd(2015年)、2014年の翻訳記事はxkcd(2014年)、2013年の翻訳記事はxkcd(2013年)から。更に過去の翻訳記事はxkcdからどうぞ。
  • 翻訳済みの秀逸なコミックについては、過去のベスト10をまとめた記事(2009年から2010年2011年2012年2013年2014年2015年)よりどうぞ。
  • なお、コミック内の英文が難解な場合は、クオリティの低い訳文をとりあえずUPすることもありますが、自ら気づいたり、皆様からの指摘があれば、正しい訳文にその都度直していきますので、誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

6_6_time.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

6/6 Time(6/6時間)

男: Under my time system, the sun rises at 6 am and it sets at 6 pm, as it should.
 (僕の時間システムの下では、太陽は午前6時に昇り、午後6時に沈む。)
男: The length of the second is different each day and night, and the current time shifts with your latitude and longitude.
 (秒の長さが日ごとに異なり、現在の時間は住んでいる緯度と経度に応じて変わる。)
男: Today is one of the two days each year when my clocks run at the same speed as everyone else's.
 (今日は僕の時計が他の人と同じスピードで進む2日間のうちの1日だ。)

Time standards are so unfixably messy and complicated that at this point my impulse is just to try to make them worse.
 (時間の基準は、現段階では、僕の衝動がその基準をさらに悪化させようとするくらい、修復できないほど乱雑で複雑だ。)

Alt-text: You know how Einstein figured out that the speed of light was constant, and everything else had to change for consistency? My theory is like his, except not smart or good.
 (君は、光の速度が一定であることをアインシュタインがどのように理解したかを知っている。そして、その他の全ては一貫性のために変わらなければならなかったのだろ。賢くないか、良くないこと以外は、僕の理論は彼のものに似ている。)

補足

 自分の中で、時間の基準をきっちりにしたいと強く願うあまり、時間が他人と違っていてもかまわないと感じてしまう男。

XKCD作者が書いた本

 XKCDの作者、ランドール マンロー氏の著作本『ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか』を紹介します。ウェブサイトに投稿された科学のおかしな質問を、XKCDばりの捻くれ方で回答し、それらを本にまとめたものです。こちらも面白いので是非に。

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳(2018年) です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事と広告

最新週刊アクセスランキング