Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon
naglly.com > xkcd日本語訳(2018年)  > Incoming Calls - 掛かってくる電話

Incoming Calls - 掛かってくる電話

  • カテゴリでは、世界で最も人気があるWebコミック「xkcd」の最新コミックをひたすら日本語に翻訳していきます。
  • 2017年の翻訳記事はxkcd(2017年)、2016年の翻訳記事はxkcd(2016年)、2015年の翻訳記事はxkcd(2015年)、2014年の翻訳記事はxkcd(2014年)、2013年の翻訳記事はxkcd(2013年)から。更に過去の翻訳記事はxkcdからどうぞ。
  • 翻訳済みの秀逸なコミックについては、過去のベスト10をまとめた記事(2009年から2010年2011年2012年2013年2014年2015年)よりどうぞ。
  • なお、コミック内の英文が難解な場合は、クオリティの低い訳文をとりあえずUPすることもありますが、自ら気づいたり、皆様からの指摘があれば、正しい訳文にその都度直していきますので、誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

incoming_calls.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Incoming Calls(掛かってくる電話)

Incoming personal calls over time
 (時代とともに変化する個人的な電話)
or: why I finally stopped picking up for unknown numbers
 (もしくは、最終的に知らない番号の着信を停止した訳)

Appointment reminders, misc.
 (アポイント、リマインダー、その他。)
Family
 (家族)
Friends
 (友達)
that one friend who hates texting
 (テキストメッセージを嫌う一人の友達)
Legal telemarketers
 (合法テレマーケッター)
Auto insurance scammers
 (自動車保険の詐欺まがい電話)
Other scammers
 (その他の詐欺まがい電話)
Political
 (政治的なもの)
Wrong numbers
 (間違い電話)

Alt-text: I wonder if that friendly lady ever fixed the problem she was having with her headset.
 (あの親しげな女性は、自分のヘッドセットの問題をこれまでに解決したのだろうか。)

補足

 時間経過とともに変化する、掛かってくる電話のざっくりとした相手先比率。詐欺まがいの電話比率が増えているので、知らない番号からの着信は拒否したらしい。

XKCD作者が書いた本

 XKCDの作者、ランドール マンロー氏の著作本『ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか』を紹介します。ウェブサイトに投稿された科学のおかしな質問を、XKCDばりの捻くれ方で回答し、それらを本にまとめたものです。こちらも面白いので是非に。

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳(2018年) です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事と広告

最新週刊アクセスランキング