Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon
naglly.com > xkcd日本語訳(2013年)  > Alternate Universe - パラレルワールド

Alternate Universe - パラレルワールド

  • このカテゴリでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。
  • 2013年の翻訳記事はxkcd(2013年)から。更に過去の翻訳記事はxkcdからどうぞ。
  • 翻訳済みの秀逸なコミックについては、過去のベスト10をまとめた記事(2009年?2010年2011年2012年)からどうぞ。
  • このXKCD翻訳の目的の一つは、僕の英語スキル向上です。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

alternate_universe.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Alternate Universe(パラレルワールド)

[Imagine you were transported to an alternate universe just like your own, except people occasionally ate spiders.]
 (人々がたまにクモを食べる事以外は、違いが全くないパラレルワールドに転送されてきた事を想像してみて。)

[You can't convince anyone this is weird.]
 (これは奇妙な事だと誰にも納得させることが出来ない。)

女: MMM...
 (うーん。)
.
男: No! What are you doing!?
 (だめだ。なにしてるんだ!)

[This is how I feel about lobster.
 (これが、僕がロブスターについて感じることです。)

Alt-text: As best as I can tell, I was transported here from Earth Prime sometime in the late 1990s. Your universe is identical in every way, except for the lobster thing and the thing where some of you occasionally change your clocks for some reason.
 (分かる範囲では、僕は、1990年台後半のどこかで、「地球'」からここに転送されてきた。君たちの世界は、ロブスターの事柄と、時折なぜか時計を変える事以外は、あらゆる面で区別が付かない。)

補足

 ロブスターが嫌いな事を、パラレルワールドを使って説明する男の話。

2013.9.26追記

 コメントを参考に訳文を一部変更しました。

XKCD作者が書いた本

 XKCDの作者、ランドール マンロー氏の著作本『ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか』を紹介します。ウェブサイトに投稿された科学のおかしな質問を、XKCDばりの捻くれ方で回答し、それらを本にまとめたものです。こちらも面白いので是非に。

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳(2013年) です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事と広告

最新週刊アクセスランキング