ネタ:Googleページランクをドラゴンボールに例えてみる実験

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブログやホームページを運営している方でないと意識しないかも知れませんが、サイト運営界隈ではGoogleページランクと言う、謎の数字が存在しています。

 今日は、イマイチ分かりにくい、Googleページランクなるものを、知らない人に対して説明するために、ドラゴンボールを引き合いに出して解説を試みたいと思います。

 普段、あまり気にしていない方のためにざっくり説明しますと、ぶっちゃけ、ページランクと言うのは、ドラゴンボールのスカウターで表示される戦闘力の数値みたいなものです。

 一般の方が、web巡回してるときはほとんど表面に現れてこず、目には見えませんが、これはページランクを意識している方にとっては、とてつもなく重要な数値です。皆さん(僕も)血眼になって、このページランク上げに日々勤しんでいます。

 Googleページランクの表示ツールなどを使って(言うならば、これがドラゴンボールで言う所のスカウターにあたる)それぞれのページを見ると、Googleページランクといわれる数値(ドラゴンボールでは、戦闘力)が出現します。

 この数値は全く数値無しの"0"から始まり、最高"10"までの数値が存在します。数値が高いほどブログ、サイト運営界隈では最強とされています。(「強い」って表現はあまり適切じゃないですが、分かりやすくするため)。この数値は、とても簡単に言うと、Googleの検索結果で上位にランクされるための指数です。

 せっかく、ここまでドラゴンボールを引き合いに出したので、ページランクごとに代表的なキャラと対比させてみます。

Googleページランク0
 ドラゴンボール界:武道家ではない、その辺を歩いている一般人です。

 ネット界:初めにブログを立ち上げると、もれなく付いてきます。Google的にはほとんど意識されないレベルです。


Googleページランク1
 ドラゴンボール界:天下一武道会に参加している出場者レベル。初期の天下一武道会のクリリンやヤムチャあたり。かめはめ波などの飛び道具(光線)は出せません。

 ネット界:一般ユーザーが頑張ってブログ更新を続けているといつしかページランクが1に上がります。世間的に広まっていないブログの大多数はこのページランクです。


Googleページランク2
 ドラゴンボール界:天下一武道会で決勝に残るレベル。亀仙人、鶴仙人、桃白白など。地球人が通常の修行で獲得できる最強レベル。相手に大きくダメージを与えられる光線を発し始めます。

 ネット界:一般ユーザーのブログなどが、ある程度の人に認知され、認められてくるとページランク2になります。


Googleページランク3
 ドラゴンボール界:ここからは、通常の修行では到達できないレベルです。ピッコロ大魔王あたりがそれに当たります。人を死に至らしめる光線を出し始めます。

 ネット界:一般ユーザーでは、ほとんど3を獲得することは出来ません。個人以外だと、それほどメジャーではない、法人のトップページなどはここに該当します。ブログでは、アルファーブロガーが書くブログなど、一部の特に選ばれた有名ブログがこの辺りに位置します。


Googleページランク4
 ドラゴンボール界:ベジータ辺り。宇宙人の中でも強いレベル。このあたりから地形を変化させるほどの光線を出し始めます。

 ネット界:1人で更新している一般ユーザーのブログでは、ほぼ到達不可能。数人単位で組織的に更新してるブログなら到達できる可能性はある。

 ブログでこのレベルに到達しているサイトは、ほんの一握りだと思われます。(たぶん100サイト前後のオーダー)代表的なのは、切込隊長BLOG(ブログ)や、眞鍋かをりのココだけの話など。法人では、東証一部上場の会社のトップページなんかがこれに該当します。


Googleページランク5
 ドラゴンボール界:フリーザ辺り。この辺になると、数値がインフレを起こし始め、一般人からみると、逆にどうでも良くなります。1都市の破壊なんてお手の物。

 ネット界:法人だと、有名企業のトップーページなどが該当します。ブログで、5を付けてるサイトってあるのかな。軽く調べてみたけど、100SHIKI とか、[N]ネタフルが今のところページランク5らしいです。ブログで該当するのは、多分数サイトオーダー。ブログ界では神レベル。


Googleページランク6~8
 ドラゴンボール界:セルとか、魔人ブウ。もう数値的には億を突破していて、強すぎて訳が分からないレベル。惑星の破壊なんてお手の物。

 ネット界:法人の中でも、普通に思いつく超定番サイトがこれに当たる。代表的なのは、トヨタのトップページなど。個人でアップしてるブログでは、、、多分到達は無理なんじゃないのかなー。


Googleページランク9
 ドラゴンボール界:神龍もしくは、神龍を作った神。

 ネット界:Googleそのもの。ネット界でも神的な存在になりつつある。Yahoo!も9みたいだね。


Googleページランク10
 ドラゴンボール界:作者。鳥山明さん。

 ネット界:日本には、どうも存在しないようで。海外では、ページランク10が存在するらしいです。米国の本家Googleがページランク10。あと、代表的なのは、Adobeの米国サイト。


 知らない人にも分かり易いよう解説を試みてみました。良く分かったでしょうか?

 僕のブログは今のところページランク1です。天下一武道会参加者レベル。早く決勝に残れるように日々の修行(記事の地道なアップ)を怠らないようにしていきたいと思っています。

 ちなみに昔はページランク2だったんだよなぁ。サーバー移設してから1に落ちてしまった。シュン。

 ホントはもっとページランクの本質的なところを書こうと思ったのだけど、ドラゴンボールを引き合いに出したら面白くなっちゃって、展開が全く変わってしまいました。

 ページランクの本質の話は明日にでもまた書きます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するエントリー

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://naglly.com/mt/mt-tb.cgi/1015

コメント