Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon
naglly.com > xkcd日本語訳(2013年)  > Sigil Cycle - 印章サイクル

Sigil Cycle - 印章サイクル

  • このカテゴリでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。
  • 2013年の翻訳記事はxkcd(2013年)から。更に過去の翻訳記事はxkcdからどうぞ。
  • 翻訳済みの秀逸なコミックについては、過去のベスト10をまとめた記事(2009年?2010年2011年2012年)からどうぞ。
  • このXKCD翻訳の目的の一つは、僕の英語スキル向上です。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

sigil_cycle.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Sigil Cycle(印章サイクル)

Odds that a word I type will start with some weird symbol
 (僕が打ち込む言葉が、奇妙な記号から始まる単語の割合)

Alt-text: The cycle seems to be 'we need these symbols to clarify what types of things we're referring to!' followed by 'wait, it turns out words already do that.'
 (そのサイクルは、「言及している物が、どんなタイプなのかを明確にする為に、これらの記号が必要です!」に続いて、「待て、言葉が既にそれをするって事が分かる。」となってるようだ。)

補足

 @,+,#などの記号から始まる言葉を使う頻度についての時系列グラフ。

XKCD作者が書いた本

 XKCDの作者、ランドール マンロー氏の著作本『ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか』を紹介します。ウェブサイトに投稿された科学のおかしな質問を、XKCDばりの捻くれ方で回答し、それらを本にまとめたものです。こちらも面白いので是非に。

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳(2013年) です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事と広告

最新週刊アクセスランキング