Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon
naglly.com > 気になるもの  > 新型コロナウイルス感染者数の国別推移グラフ(250症例以上)

新型コロナウイルス感染者数の国別推移グラフ(250症例以上)

Corona_cases_by_country.png
※クリックすると拡大表示します。

 このグラフは、それぞれの国の新型コロナウイルス感染症患者発生を1日目とし、経過週ごとにどれだけの感染者数が増加したかを示しています。縦軸が患者数で、横軸が経過時間(週)です。250人以上の感染者報告がある国がプロットされています。また、データはWHOのサイトに基づいているとのことです。

 参照元は以下です。

 アメリカのラインが赤で太くなっているのは、アメリカ人が多く閲覧する掲示板RedditでUPされているからだと思われます。

 まず日本のデータから見ると、他国と比較し、報告された患者数が驚くほど少なく抑えられている事がわかります。この原因については、国主導の感染対策が成功しているのか、国民性が影響しているのか、はたまた、他の国に比べ検査数が少ないのか、要因は僕自身判断できませんが、少なくともここ1,2週間で行っている個々の対策を延長していけば良いという事だけはわかります。

 他国を見てみると、中国の発生増加率がダントツなのは言うまでもないですが、イランもまだまだ安心できない状況であることがよくわかります。また、イタリアの急激な増加率は楽観視出来ないほどのレベルにあり、イタリアの増加傾向が沈静化するかが今後のコロナウイルス感染拡大の鍵となっています。そして、アメリカはまだ初症例から4週目ですが、ここまでの増加傾向はグラフ上でかなり上位のレベルにあり、感染拡大を抑えられるかの岐路に立たされている状況です。

 この記事のカテゴリは、気になるもの です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事と広告

最新週刊アクセスランキング