Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

ひどく使いづらそうな配置の超多機能18ボタンマウス

OpenOfficeMouse.jpg

 もしかしたら、ものすごく使いやすいのかもしれませんが・・・。いくらなんでも欲張りすぎかと。これは、2009/11/6に発表されたばかりの最新マウスです。ニュースリリースはこちら。

 もちろん、ネタ的な画像ではありません。$74.99でこのマウスを売り出していくようです。

 OpenOffice.orgの名を冠していますが、これで、OpenOffice全体の評判が落ちてしまわないか、少し心配です。

 このマウスのスペックは以下の通りです。

  • ダブルクリック機能を備えた18のプログラム可能なマウスボタン
  • 3つの異なるボタンモード:キー、キープレス、マクロ
  • アナログジョイスティック(Xbox 360-スタイル)、オプション4、8、16-キーコマンドモード
  • クリック可能なスクロールホイール
  • 512kのフラッシュメモリ
  • 63のマウスのアプリケーションプロフィール
  • 1024文字のマクロサポート。
  • アプリケーションプロフィールを作成、管理、カスタマイズするためのオープンソースソフトウェア
  • XMLフォーマットのカスタムメイドのプロフィールのインポートとエクスポート
  • スタマイズ可能なWAVEファイルでプロフィールオプションの音声通知
  • プロフィールボタンのPDFエクスポート

 よくよく見たら、ものすごいスペックですよ!これを駆使すれば、キーボードが要らなくなるかも。

 しかし、繰り返して言いますが、これは欲張りすぎじゃないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus