Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd - Sympathy : とても間違ったお悔やみ

xkcd_title.png

Sympathy(お悔やみ)

sympathy.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

[Sympathy tips for phtsicists](物理学者の為のお悔やみのヒント)

男1: The moment my brother died, i felt a searing pain in my heart.
 (兄弟が死んだその瞬間、私は心臓に激しい痛みを感じました。)

[Right:](正しいお悔やみ:)
物理学者: I'm so sorry.
 (とても残念です。)

[Wrong:](間違ったお悔やみ:)
物理学者: Was it instant, or was there a speed-of-light delay?
 (それは、瞬間的でした?それとも、光速レベルでの遅れはありました?)

[Very wrong:](とても間違ったお悔やみ:)
物理学者: If it was instant, with the right arrangement of moving reference frames, we could use this to send signals back in time and violate causality! How many remaining siblings do you have?
 (もし瞬間的だったら、座標系を移動する適正な構成を用いて、信号を即座に送り返し、因果関係を打ち破る事に使う事が出来るかもしれないよ!残ってる兄弟は、あと何人いますか?)

Alt-text: Excellent recovery: ... which we could try to use to somehow save your original brother!
 (見事な回復: そして僕らは、あなたの最初の兄弟をどうにか守るために、使おうとするだろう。)

補足

 「Very wrong:」の理論的な部分は、正直言って良く分からないのだが。

 要は、「兄弟の死から来る心臓の痛みの伝わり方が光速を超える速度だったら、物理学的理論を打ち破ってるかもしれないから、残ってる兄弟で実験させてよ!」って事らしい。

 それにしても、これではお悔やみもへったくれもない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus