Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

30年間であり得ないほど小さくなってしまった記録媒体の様子が一目で分かる画像

1980_vs_2010_01.jpg

(左)
発表年:1980年
記憶媒体:IBM 3380
容量:20GB
価格:$648,000 - $1,137,600(約1億4,000万円?2億5,000万円)
重さ:2,000,000g(2トン)

 2.5GBのランダムアクセス記録装置(ハードディスク)が8台並べられている。

(右)
発表年:2010年
記憶媒体:マイクロSDカード
容量:32GB
価格:$100 - $150(約9,000円?1,4000円)
重さ:0.5g

※1980年当時の相場、$1 = 約220円で換算

 これは、その当時のIBMでの技術の粋を集め、30年前に発表された20GBの記録媒体と、ありえないぐらい小さくなってしまった現在のマイクロSDカード(32GB)を比較した画像です。

 現代を生きている私達も付いていけない程に、目まぐるしく変化していく技術の進歩ですが、このように解りやすく画像で表現されると、改めてその凄さに気付く事が出来ます。

 さらに10年経ち、2020年になったら、右側に1000TBくらいのSSDの画像が付け加えられ、どこかの掲示板で笑い飛ばされてる事でしょう。

 参照元はこちらの掲示板です。

 IBMのハードディスクの歴史は下記のWikipediaで見れます。興味のある方はどうぞ。

 この画像を作る元ネタにしたのではないかと思われる、こんな画像もあります。

1980_vs_2010_02.jpg

 こちらは、上記のIBM 3380からディスクドライブモジュールのパーツのみを抜き出したものです。1パーツに付き、1.2GB。これはごっつい。一緒に写ってる手に持ってるのは、1GBのSDカードのようです。

 これが、デジカメや携帯電話に刺さってる事を想像してみてください。結構笑えます。

 次は、さらに10年遡って1970年のディスクドライブです。

1980_vs_2010_03.jpg

 このデカさで200MB。大体、カーリング競技の石と同じくらいの大きさで、重さは約10kgだそうです。なんと、このデカさで、リムーバブル(持ち運び可能な)ディスクドライブと言うから驚き。CD-ROMみたいな感じで、これがノートパソコンに刺さってる図を想像するとかなり笑えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus