Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

排他的経済水域で見た世界地図

eez_world_map.jpg

 各国の経済的な主権がおよぶ水域を示す「排他的経済水域」の観点から見た世界地図です。自国の沿岸から200海里(約370km)の範囲内が排他的経済水域で、この水域では、水産資源および鉱物資源などの非生物資源の探査と開発に関する権利を得られます。

 この地図の拡大画像はこちらです。

 日本近海の排他的経済水域はよく見ますが、世界地図は初めて見ました。色々と興味深い地図です。

 こうしてみると、日本の水域面積の広大さが特に際立ちます。日本の領土面積は、世界第61位ですが、排他的経済水域の広さで見ると、世界第6位だそうです。日本は、数字の上から見ても、世界屈指の海洋国家と言えます。

日本の領土面積は約38万km?で、世界第61位だが、領海、EEZの広さでは世界6位である。水域面積は領海(含:内水)とEEZを合わせて約447万km?となる。領土と水域面積の合計では約485万km?と世界第9位となる。

 地図の参照元サイトはこちらです。

 この広大な海域から何らかの資源を取り出す事が出来れば...。この地図を見て、やはり日本は海底資源を研究し、そこに未来を見つけ出す必要があるなと改めて感じました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus