Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

水滴とスピーカー、ビデオカメラで作る「水滴静止現象」の実験(動画)

cool_water_experiment.jpg

 スピーカーから発する音とチューブを流れる水、そしてビデオカメラを使った興味深い実験映像です。

 水を満たしたバケツから管を垂らし、途中にサブウーファースピーカーを設置します。管はスピーカーにテープで固定します。そして、少量の水を流しつつ、スピーカーからは24ヘルツの音を流し、ビデオカメラは24フレーム/秒のフレームレートで撮影を行います。

 この実験結果は、以下の動画で確認してください。

 水滴が空中に「ピタッ」と止まってしまったかのように見えますね!これは不思議。更に、23ヘルツの音を流すと、水滴が管に向かい、上方向に少しずつ遡っていくようにみえます。

 つまりは、24ヘルツ(1秒間に24回振動する周波数)の音を管へと流すことによって、1秒間に24回の周期で、管から規則的に流れ出る水流を作り、それを24フレーム/秒のフレームレートで撮影することにより、水滴があたかも止まってしまったように見える、と言った仕組みになってます。同じ理屈で、23ヘルツの音なら、ゆっくりと管に戻っていきます。

 理屈を聞いてみると結構単純ですが、この実験により生み出させる視覚効果のインパクトはかなりの物です。水滴が止まったまま視点移動をしていく映像が、マトリックスの例の弾除けシーンを彷彿とさせます。

 以下の動画も同様の実験映像です。興味が出た方は合わせてどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus