Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

Kayさんの墓石に刻まれたお菓子のレシピ(画像)

kays_fudge.jpg

Kay's fudge(ケイのファッジ)

2 sq. chocolate(2スクエアのチョコレート)
2 tbs. butter(大さじ2杯のバター)
melt on low heat(弱火で溶かす)
stir in(かき混ぜる)
1 cup milk(1カップのミルク)
bring to boil(沸騰させる)
3 cups sugar(3カッブの砂糖)
1 tbs vanilla(大さじ1杯のバニラ)
pinch salt(塩を少々)
cook to softball stage(ソフトボールステージに調理)
pour on marble slab(大理石の板に敷く)
cool & beat & eat(冷やして、砕いて、食べる)

Where ever she goes, there's laughter
 (彼女が行くところにはどこでも、笑い声があった)

 在りし日のKayさんが得意だったお菓子のレシピを刻んだ墓石が素晴らしいと海外掲示板に掲載されていたので紹介します。

 参照元はこちら。

 掲載するにあたり、「ソフトボールステージ」と言うのがよく分からなかったので調べてみました。

 柔らかいボール上に固まる状態まで煮詰める(約118℃)ことだそうです。動画は以下です。

 1スクエアは、以下のチョコレート丸々1個の事みたいです。

kays_fudge3.jpg

 完成するとこんな風なお菓子になるようです。

kays_fudge2.jpg

 美味しそうです。

 墓石に刻んだ言葉で、Kayさんの気持ちのこもったレシピを訪れた人達に伝承する...。とても素敵な事だと思いました。

 今回、お菓子のレシピ用語を調べるのにやたらと時間を使ってしまいました。なんとか記事掲載まで持ってこれてよかったです。?

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus