Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

ギター:Smoke on the Waterからやり直そう

 牛久沼ガイドと引き換えに、ギターヒーロー様から長期で貸してもらったギターをケースから出し本格的に触ってみた。

 娘が起きてるときは100%絡まれ、全く練習にならないので、ブログなど書いてから、一人でひっそりやる。僕の真の自由時間はAM5:00からAM6:00くらいの間。睡眠時間は確実に削られるけど、この朝一の自由時間が無いと、今は生きていけない。

 うーん。懐かしいこの感じ。なにもかも楽しい。

シャーベルギター全景

 まずは弦張り。弦張り自体はアコギと変わらない。なので、比較的スムーズ。ただ、シャーベルのヘッドは幅が広いので、1から4弦は、逆巻きに巻く必要があるのかもしれない。そうしないと各弦の幅が広がりすぎてあまり良くない気がする。昔持っていたギターもそうしていたと思う。

ヘッド部分

 チューニングしてみる。一回あわせてもズレる。またあわせてもズレる。これはなぜかというと、真新しい弦が伸びていくのと、トレモロユニットが弦の張力でチューニングを狂わすため。そういえばそうだったなぁと昔を思い出す。4,5回やり直したらやっと安定してきた。

 さて、何から始めよう。

 今はどんなTab譜でも入手できてしまうので、とりあえず楽譜だけはなんでも準備できる。ちょうど良い難易度のやつは何かなぁと考えていたら、"Smoke on the Water"を思い出した。

 そういえば、練習曲的に良くやっていたっけ。リフは劇的に簡単だけど、ソロはそこそこ早弾き。

 早速Tab譜を準備して練習に取り掛かる。イントロのリフと、伴奏は一発でクリア。ちょー簡単なのでここはまぁ予想通り。

 ソロの部分を練習してみる。見事にチョーキングできない。指痛すぎ。(汗)気持ちとは裏腹に音が上昇していかない。

 アコギも指先は痛くなるのだけど、チョーキングで使う指の部分はまた位置が微妙に違う。アコギが永続的に指を酷使するのに反して、チョーキングはいきなりフルパワーで指先の皮を酷使する。

 1時間弾いただけなのに、もう中指と薬指の皮がむけた。こういうのもひっくるめて楽しいのだけど。

 で、ソロに関しては、音は思い出してきたけど、全然リズムに乗れない。グダグダもよいとこ。まだまだだなぁ。指先を固くして再挑戦だ。

 ギターはほとんど触れないので、なんか別の方法で左手の指先を固くしておきたいと思う。何か最適な物はないのだろうか。

意味も無く格好よさげなアングルから

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus