Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

かき混ぜて、そのままストローにもなるインスタントコーヒーのパッケージデザイン

open_it.jpg

 インスタントコーヒーが1人分ずつ小分けになっている、いわゆる「スティックタイプ」のパッケージは、どこでもすぐに取り出してその場で飲めると言う便利さ故に、かき混ぜるための棒が無かったり、ストローが用意されていなかったりして、飲みたくてもすぐに飲めない不便さがあります。

 その点、このコンセプトデザインなら、なんらかの容器さえあれば、他の道具は何も要りません。ストロー状になっているパッケージにインスタントコーヒーの粉が入っており、容器の端っこをつまむことにより、口が「ぱかっ」と開き、コップの水に粉を注ぎ込んでそのままかき混ぜ、パッケージ自体がストローにもなります。

 実際にコーヒーを作る様子は下記で確認できます。

 車の中など、いつでもどこでもコーヒーが飲めないと我慢できない方や、アウトドアなんかで、気軽にコーヒーを飲みたい場合に便利なアイデアじゃないかと思います。もしかしたら比較的早く商品化されるかもしれません。

 参照元は下記の「Yanko Design」の記事です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus