Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: Paradise City - 韻が歌詞を優先、でも、その意味は断線

ここでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。過去のコミック翻訳はxkcdカテゴリーでどうぞ。

paradise_city.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Paradise City(楽園都市)

Take me down to the paradise city where the grass is green and the girls are pretty.
 (草が青々として、女たちがかわいい楽園の街で降ろしてくれ。)

Take me down to the paradise village where the grasses burn as those cute girls pillage.
 (かわいい女の子を略奪して、草が燃える楽園の村で降ろしてくれ。)

Take me down to the fire-charred counties where the law's restored by Canadian Mounties
 (カナダ騎馬警官隊員によって、回復された法がある、火で焦がされた郡で降ろしてくれ。)

Take me down to Orwellian regions where they retrain girls using cortical lesions.
 (皮膚の病気を使って、女の子を再訓練するオーウェリアンで、降ろしてくれ。)

Take me down to the paradise borough where the grass is labeled 'cause the girls are thorough.
 (女の子が徹底的だから、とラベル付けされる草がある楽園の区域に、私を降ろしてくれ。)

Ohh, won't you please take me hooome...
 (あぁ、頼むから、僕を家で降ろしてくれないか?)

Alt-text: Take me down to the paradise municipality where the grass is mauve and the girls aren't from this reality.
 (草が藤色で、女たちが実際、ここの出身ではない楽園の自治区に私を降ろしてくれ。)

補足

 ガンズ・アンド・ローゼズの楽曲、「Paradise City」の替え歌。書くコマの歌詞は、上手に韻を踏んで作られている。・・・というか、無理やり韻を踏もうとして後半はおかしくなってる。

 「皮膚の病気を使って、女の子を再訓練するオーウェリアン」は、下記の小説からの引用らしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus