Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

原子力、石油、石炭、それぞれの発電量当たりの平均死亡率(画像)

death_rate_par_watts_produced.jpg

Nuclear(原子力) Oil(石油) Coal(石炭)

death rate per watts produced
 (電力生産量当たりの死亡率)

 この図は、原子力発電、火力(石油)発電、火力(石炭)発電、それぞれが生み出す平均電力生産量とそれに伴い発生する平均死亡率を比較した物です。参照元した記事はこちら。

 この誇張されたインフォグラフィックスの元となっているデータはこちらです。

death_rate_par_watts_produced_01.jpg

% of world energy production(世界のエネルギー生産比率[%])

Deaths per TW/h(「テラワット/時」当たりの死亡者数)

 「テラワット/時」当たりの平均死亡率は、石油の場合36人、石炭の場合は161人、原子力の場合は0.04人となっています。原子力発電のデータに関しては、チェルノブイリ原発事故の死亡者数も考慮に入っているそうです。

 今回の福島第一原発事故を教訓に原子力を捨て去り、代替となるエネルギーを探す事となっても、伝統的な化石エネルギーに戻しただけではなんの解決にもならないことをこの図は示しています。

 とは言え、短期的な視野ではどうにも解決出来ないこの問題。私たちはこれから、一体何を選択すれば良いのか...。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus