Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon
naglly.com > xkcd日本語訳  > Advent Calendar - 永遠に終わらないクリスマス

Advent Calendar - 永遠に終わらないクリスマス

ここでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。過去のコミック翻訳はxkcdカテゴリで。翻訳済みの秀逸なコミックについては、2009年?2010年のベスト10をまとめた記事からどうぞ。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

advent_calendar.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Advent Calendar(アドベント・カレンダー)

[Zeno's advent calentar]
 (ゼノンのアドベント・カレンダー)

Alt-text: I think you could get up to about 11:59:57 before you'd have trouble swallowing the chocolates fast enough. At that point, you'd need some kind of a liquify-and-chug apparatus to get up over the 11:59:59 barrier. Anyway, Merry Christmas!
 (チョコレートを十分に長い時間掛け、何とか飲み込もうとしている前に、11:59:57辺りまでいってしまうんだろうと思う。この瞬間に、11:59:59バリアを超えて近づく為の「液化と一気飲み」装置みたいな物が必要になるだろう。とにかく、メリー・クリスマス!)

補足

 ゼノンのパラドックスの一つ、「二分法」について言及したネタと思われる。

 二分法とは、「物体AがB地点に向かっていく時、物体Aは今いる位置とB地点のちょうど半分の位置を通る。その後、その位置とB地点のちょうど半分の位置を通らねばならない。また、その後、その位置とB地点のちょうど半分の位置を通らねばならない。こうしていくと、物体Aは無限の課題をクリアしなくてはならなくなり、永遠にB地点に到達することは出来ない。」と言うパラドックス。このパラドックスを適用すれば、クリスマスイブは永遠に終わることがない。

XKCD作者が書いた本

 XKCDの作者、ランドール マンロー氏の著作本『ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか』を紹介します。ウェブサイトに投稿された科学のおかしな質問を、XKCDばりの捻くれ方で回答し、それらを本にまとめたものです。こちらも面白いので是非に。

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳 です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事と広告

最新週刊アクセスランキング