Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

仕事:客先で「分からない」と言ってはいけないのか

 もしかしたら僕の方が間違ってるのかもしれないですが、仕事上で気づいたことなど。

 客先にシステムリリースの為、レビューしに行きました。こちら側の参加メンバーは僕と、直属の課長、そしてそのもう一つ上のえらい人。相手側は、納入先の課長2名、主任1名です。お得意先なんで、相手とは何度も顔をあわせています。

 内容は、システムリリースをする前の「実施したテストについて」と言うレビューをしていました。

 相手側から、「○○部分のテストをやっていますか?」と指摘が入りました。

 テストはしてましたので、「その部分は全てテストしています。」と一度は答えました。しかし、相手側の主任は相当粘っこいタイプなので、さらに相当細かい部分まで突っ込んで質問してきます。「○○部分の○○はチェックしましたか?」と。

 確かに、そこまで細かく突っ込まれると、いくつかの理由でテストをしていませんでした。まず、決められた納期では、そこまでの細かいテストが出来ません。しかも、これは新規開発ではなく、リプレイスの案件で、マクロ的に全体的なテストさえカバーしていれば、細かい部分は必要ないとすでに判断されていました。

 しかも、まともな引継ぎもされておらず、ちょうどそこは現行システムの仕様書等が元々なかった為(他があるかと言われると、まぁないんですが)、細かい部分まで全てを理解している訳ではありません。なんにでも限界というものがあります。概要的な部分だけ理解していれば良いもののあります。分からないものは分からないのです。

 その様な考えから、「その部分は全体的なテストとしてクリアされています。細かい部分までは仕様的に理解していないので、基本的に詳細なテストを行っておりません。」と言いました。その発言に対し、こちら側のえらい人がカチンと来てしまったようです。

 『「仕様的に理解してない」など、そう言う事は客先で言うもんじゃない!』と声を荒げます。
 『そういう部分は先回りして、事前に調査して置く物だろう。』とも言われました。

 結局、直属の上司がフォローしてくれたため、その場で収まり、テストはトータルでクリアしているので、そこまで細かいテストは必要ないと言う結論に落ち着きました。

 まぁ、無事レビューは終わりましたし、そういう風に言われた事は別になんとも思ってないんですが、ここはなんて言うのが大人的対応なんでしょうか。

 最近一言多いのが僕の特徴なので、特別な理由もなく「ただ、テストしていません。」とは言いたくありません。それを言ってしまうと、僕が「テスト項目漏れをした」って方向性になってしまいます。もう、そういう損な役回りは嫌なんです。精神的ストレスを少しでも軽減するため、正直に本当の事実を言っただけです。

 自己防衛の為なんです。ここで「テストしていません。」しか言わないと、その場でテスト項目が山のように増えてしまいます。納期と予算があるので、今後は無理なものはちゃんと無理って言いたいのです。

 確かに安易な一言だったと思います。上手い言い回しを憶えたいところです。

 賛否両論あると思いますが、何かうまい切り抜け方があったら教えてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus