Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

米軍の合同台風警戒センター(JTWC)発信による台風の進路予報は便利

追記(2010.9.7)

 【お知らせ】 合同台風警戒センター(JTWC)が繋がりにくい場合は、下記の記事にある方法を試してみてください。

 今週から遅めの夏休みに入りました。ここまで休まないで、引っ張ってきた甲斐があり、希望通り、9/13~23まで休みを取ることが出来ます。明日から外出が多くなるので、更新頻度が減るかもしれません。

 今年は、9/18から愛媛へ行く事になりました。友達の家を訪ねて、家族を捨て今回は一人旅です。目的は「がっつり釣り」です。

 そんな最中、台風が不気味に台湾で停滞しています。僕は飛行機をだいぶ前から予約しているので気が気じゃありません。今のところ太平洋側を通りそうな予報です。

 9/14の17:00現在、日本で今のところ一番正確だと思われる台風情報ですが、残念ながら頑張ってもせいぜい9/17の15時までしか進路を予想してくれません。

 僕は9/18の昼間に松山行きの飛行機に乗る予定なのですが、かなり微妙なラインです。何か指標となる予報が欲しいです。

 こんなとき、もう少し先まで台風の進路予測している「アメリカ軍の合同台風警戒センター」のサイトが便利です。

JTWCの予報

JTWCだと、もう少し先まで台風進路を予測してくれます

 この図における時刻単位ですが、時刻はUTC(協定世界時)であるため、日本時間の場合は+9時間します。

 つまり、同じ台風の予報でも、ここでは19日の9時まで予報を出しています。

 英語が難しいと感じた場合は以下のサイトが非常に便利です。

 この翻訳串に関するエントリーは下記です。

 リンクしてしばらく使わせていただきたいと思ってます。

 で、僕の18日の運命ですが・・・。18日の9時あたりに四国沖に台風が来る模様。ちょっと・・・やばいかもしれない・・・。9/18以降にブログを更新しまくっていたら、それは多分飛行機が飛ばなかった証拠です。(汗)

※ この文章は、昔書いた記事を大幅に加筆したものです。過去記事は以下。

 下記からアジア近隣進路予測も見れます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus