Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

「3D酔い」する人の為に作られた3D映画を2Dに変換するメガネ

2d_glasses.jpg

 3D映像を長く観ると疲れを感じたり、頭が痛くなる、いわゆる「3D酔い」となってしまう人の為に作られたメガネ、「2D Glasses」です。このメガネを掛けることにより、3D映像を2Dに変換します。

 友達や家族と一緒に3D映画を観に行く時、疲れるので自分だけは2Dの映像を観たい...と言ったシチュエーションで活躍します。「RealD」と言うタイプの3D映画に適用するそうです。

 販売サイトはこちらです。9.99ドル(送料込み)で販売しています。

 通常の3Dメガネは偏光レンズを使い、左右の目に対して別々の映像を投影しますが、このレンズは左右両方の目に同じ映像を投影させます。動作原理の画像は下記です。

2d_glasses_01.jpg

 3D映画を上映する劇場は、このメガネをぜひとも標準装備として欲しいです。僕を含め、年を取ると、目が酷使される3D映像を長く観るのは結構辛い物があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus