Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

一瞬「ん?」ってなる、実物と反射で目の閉じ方が違う画像

rolling_shutter.jpg

 建築デザイナーのLuke Mandleさんが、デジタルカメラで取った自分の子供の画像なのですが、左の実物では目を閉じているのに、テレビ画面に反射した右側では目を開けています。心霊写真みたいですが、フォトショップなどで加工された画像ではありません。

 種明かしをすると、これは「ローリングシャッター効果」と呼ばれる現象によって出来上がった画像なんだそうです。

 最近のデジタルカメラは「ローリングシャッター」と呼ばれるシャッター方式を採用しています。この方式は、一度に全ての画像を取り込む訳ではなく、画像の上部から順番にイメージを取り込んで行くため、高速に動く被写体を撮影すると、取り込む時間差により画像に差異が生じてしまいます。

 下記はプロペラを撮影することにより起きる、ローリングシャッター現象を解説する動画です。

 プロペラをローリングシャッターのカメラで撮影するとこんな感じになります。

rolling_shutter_01.jpg

 これと同じ現象がトップの画像にも起きています。上の画像の場合、始めに取り込まれる上部方向はすなわち左側になりますね。そう言う事ですか・・・。謎が解けてすっきりしました。

 参照した記事はこちらです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus