Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

いい感じに人間の相手をしてくれる手作り卓球ロボット(動画)

Table_Tennis_Robot.jpg

 2年間の開発期間をかけて作成された、手作り卓球ロボットの映像です。ドイツの産業機械エンジニア、Ulf Hoffmannさんが開発しました。天井に設置された固定カメラによってピンポン球の位置を検出し、その軌道をロボットへと伝えています。

 今の腕前のままでも、ゲームセンターのアトラクションレベルなら、十分実用に耐えられそうです。機械の反応速度は既に十分なレベルに達しているので、このままソフトウェアの調整を繰り返していけば、卓球選手と同等の実力を得てしまいそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus