Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon
naglly.com > 雑記  > 図書館:破れた本の顛末

図書館:破れた本の顛末

同じ本

 この前書いた「破られてしまった図書館の本」の顛末記です。

 ダメと思いつつも破れた本を片手に図書館のカウンターに行き事情を説明したところ、その本を持って係員が奥の方へ歩いていった。多分、図書館のそれなりにえらい人に見せて、弁償か否か、審査中だと思われる。

 数分したら係員が戻って来た。

 「この本の状態だと、弁償になりますねー。」と至って事務的な対応。

 こういった事は、ままある事なのだろう。まぁ、多少覚悟はしていたし、仕方ないか。住民税たくさん払ってるから「そこを何とか」と思ったのだが。(おい)

 で、「全く同じ本を探してきて、今持ってる本と併せて2冊持って、もう一度カウンターに来てください。」と言われたので、早速本屋へ出かけた。

 探そうと思ったときに、「これって、古本でもOKなんじゃね?」と思ったので早速電話。聞いてみたら古本でもOKだと言う。 

 まずは近所の古本屋に行って、棚を見てみたらラッキーにも一発で発見。750円也。

 早速返す刀で、図書館に駆け込み一気に処理を済ませたのであった。

 「弁償のなんとかかんとか」って言う書類を1枚書き、破れた本は、図書館のバーコードが剥がされ、最後に「リサイクル品」というシールが代わりに貼られ、うちへ戻ってきた。

 かくして、写真の本は、永久貸し出し延長と相成った訳である。無期限になると返って読まないと言う気がしないでもない。

 この記事のカテゴリは、雑記 です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事と広告

最新週刊アクセスランキング