Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon
naglly.com > 英語学習について  > 【2018年更新】新聞、雑誌などから抜き出した最も使用頻度の高い順で覚える英単語

【2018年更新】新聞、雑誌などから抜き出した最も使用頻度の高い順で覚える英単語

 どのような順番で英単語を覚えていけばよいのかと言うのは、英単語学習における重要な問題の一つです。世の中には色々な英単語帳があり、それぞれのレベルによって、英単語に色々な順位付けがされています。

 最近、英単語の学習ばっかりしてる僕ですが、「英文のブログを読みたい!」などの英文読解を第一の目的とする場合、ごく単純に英文から抜き出した最も使用頻度の高い順番で英単語を覚えていくと言うのが最も効率的な方法ではないかと思いつきました。

使用頻度の高い英単語3000

 下記の様なサイトがあります。これは、新聞や雑誌などから統計的に抜き出した使用頻度の高い英単語3000語を一覧で掲載しています。複数形や、現在分詞(ing)など、意味的に重複する単語を除外した為、実際は、2126単語掲載してるようです。

 » 3000 Most Commonly Used Words in the English Language

 これらの単語は、200語ずつのグループに分かれていて、順序良く記憶していけるようになっています。今後、僕自身が頻繁にアクセスすると思うので、以下に、これらの各単語グループのリンクを貼ります。

 » 01st and 02nd Hundred Words (187)
 » 03rd and 04th Hundred Words (160)
 » 05th and 06th Hundred Words (161)
 » 07th and 08th Hundred Words (146)
 » 09th and 10th Hundred Words (152)
 » 11th and 12th Hundred Words (144)
 » 13th and 14th Hundred Words (144)
 » 15th and 16th Hundred Words (137)
 » 17th and 18th Hundred Words (140)
 » 19th and 20th Hundred Words (115)
 » 21st and 22nd Hundred Words (140)
 » 23rd and 24th Hundred Words (125)
 » 25th and 26th Hundred Words (123)
 » 27th and 28th Hundred Words (126)
 » 29th and 30th Hundred Words (126)

最頻度単語で覚える英単語学習法

 英単語を覚える方法としては、使用頻度の高いページから順々に眺めていき、分からない単語が見つかったら、辞書で意味を調べてフラッシュカード(英単語帳)にしていきます。

 この学習法であれば、上記のサイトのように洗練された英語の単語集さえあれば、後は自力で進めることが出来ます。

 フラッシュカードをPC上に作る方法としては、下記のツールが便利です。現在色々試している最中ですが、なかなか使い勝手が良いです。無料です。

 » Anki - friendly, intelligent flashcards

 使用方法は割愛します。代わりに紹介している記事など。

 » 暗記学習をサポートする学習ソフト、その名も『Anki』(無料) : ライフハッカー[日本版]
 » 試験前の暗記に最適のデジタル単語帳「Anki」 :教えて君.net

 また、PSS(P-Study System)と言う、英単語学習ツールの問題集化してしまうのも良いと思います。これもフリーソフトです。

 » 英単語学習ソフト P-Study System 公式サイト

その他の使用頻度が高い順英単語集

 そのほかにも似たような単語集をいくつか見つけたのでリンクを貼っておきます。

 » THE MOST COMMON WORDS IN ENGLISH
 最も使用頻度の高い単語500。頻度順です。順番を見たい方はこちらで。

 » Most Used Words
 最も使用頻度の高い単語300。このサイトから、1000語までの単語が見れます。また各単語は英英辞書のリンクになっているので、意味を調べるのに便利です。

 » top 100 verbs in English
 最も使用頻度の高い動詞100。

 後は実践あるのみ・・・。

2018.11.24更新

 リンク切れの確認と対応を行いました。

おすすめの英語本

 英語の構文を品詞ごとに細かく分類し、理論的に英語を読み進める手伝いをしてくれる本です。

 特に、普段からプログラミング言語に慣れ親しんでいる、理屈っぽい...いや、理論的思考の考えを身に着けている、IT業界の方々にぴったりだと思います(関連記事:英語とプログラミング言語はかなり似ていると思う)。

 この記事のカテゴリは、英語学習について です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事と広告

最新週刊アクセスランキング