Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon
naglly.com > xkcd日本語訳  > Temper - 聖人と呼ばれた男の妻とのケンカ

Temper - 聖人と呼ばれた男の妻とのケンカ

 このカテゴリーの記事は、世界で最も人気があるウェブコミックxkcdの最新コミックをひたすら日本語に翻訳していくシリーズです。今回のコミックはこちら。

temper.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Temper(気質)

Sometimes, when we disagree, i feel frustrated.
 (僕らがお互いに同意できないときには、イライラを感じるときもあるんだ。)

But i never forget how lucky i am to have you in my family.
 (でも、君が僕の家族でいる事が、どれだけ幸運なのかは決して忘れないよ。)

Always remember how special you are.
 (いつだって、君がどれだけ特別なのかを忘れることはないよ。)

[1981: An audio recorder on the set catches Fred Rogers fighting with his wife.]
 (1981年:撮影セットに設置したオーディオレコーダーは、フレッドロジャーズが彼の妻とケンカする様子を捉えました。)

Alt-text: Mr. Rogers projected an air of genuine, unwavering, almost saintly pure-hearted decency. But when you look deeper, at the person behind the image ... that's exactly what you find there, too. He's exactly what he appears to be.
 (「ミスター・ロジャーズ」は本物の、動揺しない、ほとんど聖人のように見える純粋な心を持った常識人の雰囲気を作り出しました。しかし、君が、イメージの裏に隠されたその姿を深く探るなら...それも、まさにあなたがそこで見付け出した姿だ。まさに、彼がそうみえる姿だ。)

補足

 フレッド・ロジャース(通称:ミスターロジャース)は、30年以上前から放映され続けている人気の子供番組、「Mr.Rogers Neighborhood」の製作者、兼司会者だそうだ。アメリカではその名前を知らない人はいないらしい。

 Alt-textにもあるように、カメラの前のミスターロジャースは、ほとんど動揺しない聖人のような純真無垢な心を持った常識人を地で行くキャラであり、おそらく妻とのケンカもこんな風にやっていたのではないか、と言う推測でコミックが描かれている。

 日本で言うと誰になるのかなぁ・・・。「弘道おにいさん」なんかが近いのかもしれない。

XKCD作者が書いた本

 XKCDの作者、ランドール マンロー氏の著作本『ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか』を紹介します。ウェブサイトに投稿された科学のおかしな質問を、XKCDばりの捻くれ方で回答し、それらを本にまとめたものです。こちらも面白いので是非に。

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳 です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事と広告

最新週刊アクセスランキング