Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon
naglly.com > xkcd日本語訳  > Development - 台風の認知学的な発達

Development - 台風の認知学的な発達

ここでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。過去のコミック翻訳はxkcdカテゴリで。翻訳済みの秀逸なコミックについては、2009年?2010年のベスト10をまとめた記事からどうぞ。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

development.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Development(発展)

ニュースキャスター: Fear turned to confusion today as hurricane Rina developed to Piaget Stage 5, with sustained interests in objects and their properties.
 (物体とそれらの特性への興味が維持された状態を持ちつつ、ハリケーン「リーナ」がピアジェの5段階目へと発展したので、恐怖は今、混乱へと変わりました。)

Alt-text: Funding was quickly restored to the NHC and the APA was taken back off hurricane forecast duty.
 (資金は国立ハリケーンセンターへとすぐに戻され、米国心理学会はハリケーン予想業務から引き戻されました。)

補足

 ハリケーンの「発達(Development)」と認知学的な「発展(Development)」を重ね合わせ、心理学的に台風を予想したらどうなるのかと言うネタ。ピアジェのステージとは、ジャン・ピアジェが提唱した感覚運動的知能ステージの事を言っている。ピアジェによるステージは6段階ある。ハリケーンの強さは1から5段階まで。

 詳しくは下記あたり。

XKCD作者が書いた本

 XKCDの作者、ランドール マンロー氏の著作本『ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか』を紹介します。ウェブサイトに投稿された科学のおかしな質問を、XKCDばりの捻くれ方で回答し、それらを本にまとめたものです。こちらも面白いので是非に。

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳 です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事と広告

最新週刊アクセスランキング