Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon
naglly.com > xkcd日本語訳(2013年)  > Realistic Criteria - 現実的な基準

Realistic Criteria - 現実的な基準

  • このカテゴリでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。
  • 2013年の翻訳記事はxkcd(2013年)から。更に過去の翻訳記事はxkcdからどうぞ。
  • 翻訳済みの秀逸なコミックについては、過去のベスト10をまとめた記事(2009年?2010年2011年2012年)からどうぞ。
  • このXKCD翻訳の目的の一つは、僕の英語スキル向上です。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

realistic_criteria.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Realistic Criteria(現実的な基準)

白ハット: We shouldn't be exploring other planets until we've solved all our problems here on earth.
 (我々が地球上に存在する全ての問題を解決してないのに、他の惑星を探検してる場合じゃないんじゃない?)

男: Sounds reasonable. So, What's the timeline on "solving all problems"?
 (ごもっとも。で、「すべての問題解決」のスケジュールはどんな感じ?)

Ten years? Fifteen?
 (10年?15年?)

Alt-text: I'm leaning toward fifteen. There are a lot of them.
 (僕は、15年の方に傾いている。数が多い。)

補足

 火星など地球外探査のプロジェクトについて、一見もっともと思える理由で否定をする白ハット。しかし、その基準はとても曖昧。

XKCD作者が書いた本

 XKCDの作者、ランドール マンロー氏の著作本『ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか』を紹介します。ウェブサイトに投稿された科学のおかしな質問を、XKCDばりの捻くれ方で回答し、それらを本にまとめたものです。こちらも面白いので是非に。

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳(2013年) です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事と広告

最新週刊アクセスランキング