Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

プロジェクトの遅れを取り戻せない方法10選

projectイメージ

 下記の記事を読んで。

≫ プロジェクトの遅れを取り戻す方法10選

 遅れてしまったプロジェクトの遅れを取り戻す方法として下記の方法が書かれています。

#1:残業する
#2:リソースの再割り当てを行う
#3:すべての依存関係を入念に確認する
#4:一定の時間を必要とする作業を把握しておく
#5:リソースを入れ替える
#6:スケジュールを圧縮する
#7:ピッチを上げる
#8:スコープの変更を阻止する
#9:プロセスを改善する
#10:作業のスコープを縮小する

 確かにもっともと思える記事ですし、内容は分かるんですけど、どうも絵に描いた餅みたいで僕には、ピンと来ないです。

 多少分かりやすい言葉で、逆に「プロジェクトの遅れを取り戻せない方法10選」を考えてみました。

  1. とにかく残業で取り戻そうとする
  2. 闇雲に追加人員を投入する
  3. 初期のメンバーに対し、追加された人員へのレクチャーを迫る
  4. このプロジェクトは特別な物で、デスマーチはやむを得ないと説得する
  5. 『頑張って』もしくは『努力して』遅れを取り戻すと口にする
  6. 遅れてるにも関わらず、初めの計画通り仕上げようと固執する
  7. 朝一に何も考えないで、とにかく行動を起こす
  8. 日々のゴールを設定せず、先の見えないゴールを目指して走る
  9. 費用対効果を考えない計画の継続、または変更
  10. 自分にできない事を出来ると思い込む

 これらを実行しなければ、より快適な社会人ライフ、SEライフが過ごせると思います。

 一応、目指してはいるのですが、なかなか難しいです。

関連記事
≫ プロジェクトの遅れを取り戻す方法10選 - finalventの日記

 そうそう。本当は、こういうのを書こうとしてたんだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus