Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd - Supported Features : OSは適材適所

xkcd.png

Supported Features(サポート機能)

supported_features.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

男1: It took a lot of work, but this lastest Linux patch enables support for machines with 4096 CPUs, up from the old limit of 1024.
 (それ(windows)は、色々出来るけどさ。だけど、今回の最新パッチ適用したLINUXは、昔の制限の1024CPUからスケールアップして、4096CPUの構成までサポートも出来るようになったよ。)

男2: Do you support for smooth full-screen flash video yet?
 (で、スムースなフルスクリーンのフラッシュビデオをサポートするようになったの?)

男1: No, but who uses that?
 (いや。でも、それって誰が使うの?)

img-alt: I hear many of you finally have smooth Flash support, but me and my Intel card are still waiting on a kernel patch somewhere in the pipeline before we can watch Jon Stewart smoothly.
 (最終的には、スムースなフラッシュをサポートすると言う声をよく聴くけど、僕と僕のインテルカードは、スムースな「ジョンスチュワート」を見る以前に、いまだにケーブルのどこかで、カーネルパッチをまっているよ。)

補足

 あまり知らなかったんだけども、Linuxが一度に扱う事が出来るCPU個数の制限は今まで1024個だったらしい。それが今回のカーネルパッチ適用で、4096個までサポートされるようになった。そのあたりに絡んだ話。

 OSは適材適所。Linuxを使うようなユーザーが、フラッシュビデオのフルスクリーン閲覧を喉から手が出るほど望んでるとは、到底思えない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus