Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

会議中でもキャンディが堂々と舐められる「食用キャンディペン」

candy_pen_01.jpg
candy_pen_02.jpg

 オランダの学生Dave Hakkensさんがデザインした、実際に食べることが出来るキャンディペンです。参照元はこちら。

 画像を見れば分かるように、ペンの柄の部分がキャンディになっていて、柄の部分を噛み切る事により、22個のタブレットに分けつつ、舐めることが出来るようです。また、インクの部分にもペパーミント味の食用インクが使われています。

 味のラインナップは、下のように、色々と用意されているようです。

candy_pen_03.jpg

 その他の画像はこちら。

candy_pen_04.jpg

candy_pen_05.jpg

 このペンさえあれば、授業中や会議中など、どんなシチュエーションでも堂々とキャンディを舐めることが出来ます。でも、ちょっと汚いかも...。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus