Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

撮影した映像を木片の傾きでリアルタイムに表現する「木の鏡」

wooden_mirror.jpg

 発表年は少し古いですが、1999年にDaniel Rozinさんが制作したインタラクティブなアート作品「Wooden Mirror(木の鏡)」です。まずは20世紀に作られたとは到底思えない、そのメカニズムを動画で御覧ください。

 この作品に関する情報はこちらです。

 木片の集合体がまるで鏡のように動作し、目の前で撮影した映像を見事に再現しています。これはすごい。

 個々の木製パネルはモーターで制御され、垂直方向に75度から105度ほどの振れ幅でそれぞれの傾きを変える事により、ビデオカメラで撮影した映像を描写しています。

 もう少し大きいサイズの「Wooden Mirror」の映像もあります。

 こういうアートが、公共の場に置いてあったらとても面白いと思いました。多分、そこに出掛けた本来の目的を忘れて、夢中でこの鏡を見てしまう気がします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus