Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon
naglly.com > 釣り  > 【アオリイカ・メバル釣り】2001/02/17 三崎港

【アオリイカ・メバル釣り】2001/02/17 三崎港

釣果
・なぐ
メバル 約20
・ネネ
メバル 4

本日のお持ち帰り
なし

リグ、釣り方
メバル用ジグヘッド1/32oz + エコギアパワーシラスSS(白)
がまかつジグヘッド211 1/22oz + ソルトマングラブ2in(白)
YAMASHITAエギ 3.5号

 ジグヘッドはメバル狙いで。

サイズ
メバル
最大12cmくらいまで。
すべてリリースサイズ。

強風の堤防
イカ&メバル狙いで三崎港にやってきた。
夜通し走って夜中の2:00に三崎港到着。
さすがに夜中。
港の周囲はしーんと静まりかえっている。

車でぬくぬくしてるわけにも行かないので、
防寒着を着込み外へ出る。
まずは様子を伺うために外へ出るが、
とにかく寒い。寒すぎる。
風も強いし、
釣りをするにはあまり良いコンディションじゃない。

何とか釣りはできそうなので、
イカを釣るために堤防へ向かう。
堤防までの道のりは真っ暗で一辺の灯りもない。
足下に十分気を付けながら一歩一歩足を進める。

堤防上に立つ。
強風が前面から勢いよく吹き付けて来た。
冷たい風で顔が突っ張る感じだ。

寒さに耐えながら、1時間ほどエギを投げる。
この風で、エギの着底を待つ間に
ラインがどんどん流されまくって居るみたい。

ラインがどっちの方向にどのくらい流されていて、
エギは一体どこらへんの位置に着底したのか、
全くイメージ出来ない。
まともに底を取れた時は根掛かったか、藻に絡んだ時だけだ。

ただでさえ暗いのにこりゃ参った。
これは腕でカバー出来る問題じゃないよなあ。

メバルスペシャル
イカ狙いを諦めメバルを狙う。
諦めたというか、
メバル釣りがしたくて仕方がなかった。

今日はメバル用に新しいロッドを新調してきた。
トラウト用の8.6ftロッド。
ロッドアクションはUL。

まずは1/32ozの極小ジグヘッドに
パワーシラスをリグってキャストする。
今のところメバルに対しては最強コンビだ。

ヘチを中心に何度か通すと「くくっ」とアタリがあり、
10cmにも満たない子メバルが釣れた。
ULロッドのペナペナさが
子メバルのフックアップにはちょうど良い。

しかし、前々からここのヘチは数釣れるんだけども
サイズが上がらない。
ひとしきりヘチで子メバルと戯れた後、
新しい場所を求めて場所を移動する。

少し移動するとイケスとイケスに挟まれた
ちょっとした水面がある。

飛距離を稼ぐ為、重めのジグヘッドに変え、
ボリュームのあるグラブを付ける。

沖目にあるイケスの角をかすめる様な
角度でルアーを通してみる。

ちょうど角をかすめるところで、「ココン!」とアタった。

乗らない。

我慢して巻き続けると、また「ココン!」と来た
追いかけてきてる。

三度、「ココン!」と来て、今度は乗った。

この魚は今までと引きがちと違う。
ロッドのしなりを十分味わいながら上がってきたのは、
本日最大サイズのメバルだった。

とは言え、サイズはせいぜい12cmほど。
これじゃ持ち帰るには程遠い。

しばらく集中して釣っていると、
ぼちぼち夜が明けてきた。

夜が明け始めて辺りが明るくなってくると、
今まで釣れづらかった真っ暗な沖目でも釣れるようになってきた。
沖で釣れるのは心なしかサイズが大きい。

明るくなりきったところで今日の釣りは終了。
結局持ち帰れるような魚は1匹も釣れなかった。

メバルスペシャル
メバルロッドにはトラウトのULが良くマッチする。
堤防での足場の高さを考慮すると、
7ft以上の長さがあるとなお良いと思う。

このペナペナウルトラライトを使う利点は、

  ・1g程度のルアーが遠くまで飛ばせる。
  ・メバルの小さい口にはじくことなくフッキング出来る。
  ・掛かった後の引き味が楽しめる。

未だ10cm強までのサイズしか掛けた事が無いが、
20cm近いサイズが掛かったとき、
このロッドがどんな曲がりするかと思うと
わくわくせずには居られない。

次の目標はサイズUPだ。
せめて15cmは超えたい。

 この記事のカテゴリは、釣り です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事と広告

最新週刊アクセスランキング